動画:棒線と折れ線の2軸グラフをNumbersで作る方法。2つの数字の比較

仕事でMacを使っている方が増えています。フリーランサーや個人事業主、少ないメンバーで会社を運営していたりと。問い合わせも増えているので、コロナ禍においてPCやMac、タブレットにiPadなどを利用しなくてはいけない状況になる経営者が増えています。

エクセル使う方がまだまだ多い中、MacのNumbersを使う人も増えています。

今回紹介するNumbersは、人数と売上など、2つの数字をグラフで表現したい場合の方法です。

《インスタグラムで毎日配信》フォローお待ちしています!
沖縄オーレ インスタグラム

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

Numbersの2軸グラフ

よくあるのが、人数と売上の推移です。

飲食店の例で行きます。数字は適当に入れているので、こういう感じになるんだなと参考までに。

人数と売上の推移です。

動画は後ほどアップします。

Numbersの2軸グラフ by 沖縄オーレ

《インスタグラムで毎日配信》フォローお待ちしています!
沖縄オーレ インスタグラム

沖縄オーレ公式Youtubeチャンネル

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら