2019:iCloud drive:ファイルの同期が遅い・されない時に試す4つの方法と1つの原因:動画アリ

スポンサーリンク

※アンケート結果が集まってきています(思った以上に)もし時間あったらご協力よろしくお願いします!アンケート結果がブログの記事に反映されます。
本文はコチラから↓

更新情報は記事下で紹介。

iPadでは同期できたが、iPhoneでは同期できない理由は!?(記事下)

AppleのiCloud Drive(Appleのクラウドサーバー)を使う人も多くいます。そしてiPhoneやiPad初心者でiCloudドライブの使い方が(同期など)わからない人も多くいます。

今回紹介するのは、

iCloud drive(ファイル)の同期が遅いと感じる人や、同期がされない人の解決法です。

MacやiPad初心者、Apple製品を使い続けているユーザーでも、サーバー、クラウドになるとさっぱりわからない人もいます。

iCloud同期遅延の解決方法の注意点

※今回の解決方法は私たち沖縄オーレで試したことです。

iCloudが同期されない全ての人に当てはまるかどうかはわかりませんが、沖縄オーレの生徒をサポートしている際には、今回教える方法で解決できています。同期が遅い、できない人は試して見てください。

その前に!

同期できないあるあるの原因の1つを先にご紹介

クラウドの空き容量が足りていない人もいます。

iPhoneやiPadでiCloudで写真を自動同期している人は、5GBに近くなっていないか確認してみてください。

iCloudの容量の調べ方

Finder → iCloud Driveを選択すると、
画面下部に残りの容量が表示されます。
(画像赤枠の部分)

iCloud 同期 遅い ファイル できない

ブログ下部にはiCloudにファイルを確実にアップロードする動画リンクも貼り付けています。

本題に入る前にAppleの公式動画を紹介(1分)

iPad ProがiOSでさらなる広がりを見せる!?(Appleを宣伝したいだけです 笑)

iPad Pro — Change — Apple

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

スポンサーリンク

iCloud drive:ファイルの同期が遅い・されない時に試す事。

この記事は定期的に更新しています。

本題↓

iCloudが同期されない場合の症状を紹介

まずはあなたが使用している端末が何かを確認しましょう。

沖縄オーレが使用しているMac、及び今まで試したデバイス

・MacBook Air
・MacBook
・iPad(第六世代)
・iPhone6・iPhone8

インターネット環境
ポケットワイファイを使用(ここがポイント)

カフェや出先で同期出来ない人は↑ここに問題アリです。

ファイルのアップロードの状況
iCloud driveのフォルダに、
Macで作ったファイルを保存しようとした。

iCloud同期作業
iPhone6とiPhone8のフォルダアプリで、
ファイルが同期されたかチェック。
同期が不安定↓

同期出来ていない状況
OK:iPhone6はファイルの同期ができている。
NG:iPhone8に関しては1日経過しても同期されない。
(↑ほとんどの相談これ)

トラブルシューティング作業
(同期されない原因を探す)
※詳しくな人はここは飛ばしてください。

iPhone6のiCloudのファイルフォルダに保存してあるファイル名を変更。

↑クラウドと接続(アップロード)されているか確認。

結果:iPhone6、Macbook Airでファイル名の変更が確認されたが、

iPhone8のフォルダアプリには表示されない。

上記を踏まえた上で解決方法を紹介。

↓ここから解決方法になります。

iCloudのファイルが同期が遅い、同期されない場合の解決方法その1

iCloudの同期の解決方法。
簡単な方法で解決します。

同期されない原因はコレだった!

ポケットワイファイでの同期がおかしいらしく

別の無線LANに接続したらすぐにiCloudのファイルが同期完了

みなさんもMacbookやiPhoneでiCloudファイルが同期されない場合は、まずは無線LANの接続先を変更してみてください。

ここがポイントなのでもう一度繰り返します。

「ほとんどの同期失敗は公衆無線LAN、もしくはモバイル Wi-Fiで接続している事が問題となっています。」

他のWi-Fiに接続し直してください。

iCloud Driveのファイルフォルダが同期できない場合、その2

iCloud driveにファイルをアップ出来ない場合

iCloud driveを利用方法は、MacのFinder(ファインダー)のサイドバーのiCloudからファイルをコピーしたり移動したりです。

iclouddrive 操作 Mac 同期できない iPhone iPad

※基本的にコピーではなく移動(元ファイルが移動)になります。ファイルの管理が心配な方はその都度コピーしたファイルを移動してください。

沖縄オーレで確認している限り、今から教えるこのアップロード方法で100%iCloudのファイルは同期(アップロード)できます。

Windowsでもアップロード可能:その3

手順1:iCloud をブラウザで開くログインすると以下の画面になります。

iCloud直リンクはコチラから

icloud 同期できない drive フォルダ

手順2:iCloud Driveをクリック(↑画像の上、右から3番目)

手順3:iCloud driveのファイルフォルダにファイルをアップロード(下の画像を参照してください)

「直接ファイルを保存するので、失敗する可能性が低いです。」

デジタルなんですがアナログ感があるアップロード方法ですが、いずれかの方法で試してみてください。

icloud 同期できない drive フォルダ

動画でファイルのアップロードをチェック

Youtubeで30秒動画でiCloudのアップロードの方法を確認する。

icloud 動画アップロード 同期できない

↑30秒程度なので、時間ある方は確認してください。

まとめ:iCloudアップロードの方法

同期の解決方法は2つ

・wi-fiの接続先を変更する(公衆Wi-Fiは遅延します)

・iCloudのWebサイトから直接アップロードする(WindwosからでもOK)

iPadでは同期できたが、iPhoneでは同期できない理由は!?その4

こちら2019年10月に追記した記事になります。

公共Wi-Fiはやっぱり遅いんですが、ここまで沖縄オーレでは更新できない時の解決方法を紹介してきました。

が、別のトラブルが発生。

それは、iCloudDrive単体のトラブル?です。

もし、今まで紹介した方法で解決出来ない場合は試して見てください。

状況

・MacBook Airでファイルを作成

→PDFを書き出し保存でiCloudDriveに保存

→iPhoneで確認(更新されていない)

→iPhone内のiCloudDriveの別ファイルを削除したところ、MacBookAirでも同期(削除)されている。iPadで確認してもファイルは削除されている。

→しかし、MacBookAirで書き出したPDFファイルはiPhoneでは見れない。

→iPadのiCloudDriveで確認。ファイルは同期されていた。

→は!?同じ無線LAN環境でiPadだけ同期できてる!?

→iPhoneの機内モードをオフにして、Wi-Fiだけで同期。

→これでもダメ!

→ついに発見!!!

→ファイルが「待機中」となっている場合、そのファイルを削除。その他のダウンロードされていないファイルを同期「クルクルマーク」がついているファイルを、ダウンロード(本当はしたくないけど仕方ない)。

→iPhoneから画像データをiCloudにアップ。

→このファイルがアップできたらMacBookAirのファイルも同期されていた

結局のところファイルが完全にダウンロードできていること(フォルダ単位で大丈夫なはず)を確認し、更新できていないファイルを先に更新。そうすると同期ができます。

なんやかんや、ややこしいですが、どうにか解決頑張ってください!

※公共Wi-Fiは同期が遅いので注意です。

iCloud同期がうまくできない方、個別に相談受付中!!!

沖縄在住の方で、Macの使い方を学んでみたいと思っている方はぜひご相談ください!

また、上の方法で同期がうまくいかない場合も、個別で相談承りますので、ご連絡ください!

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント