iPad(iPhone)の超おすすめメモアプリ、使い方の幅広すぎて、初心者にもクリエティブな仕事にも活かせる!(手書き編)

今回の記事はiPhone・iPad共通の内容です

LINE Cameraもそれなりに使いやすいです。

しかし、iPhoneやiPadユーザなら純正アプリだけで完結させたいはずです。

そして今さらありますが、メモアプリの機能だけでもiPhoneやiPadでクリエイティブな仕事ができます。

※制限されているからこそ発想が広がります。

この機会にメモアプリを使い倒し、無駄を省き、よりクリエイティブになってほしい思います。

今回の注目ポイントは、

・メモアプリとスケッチの違い、使い方の差。

・iPhone、iPadのマークアップ機能をフル活用で

オススメユーザー

  • 高齢者(文字入力が苦手)
  • 手に障がいを持った方(タイピングが苦手)
  • クリエイティブな仕事をしている(直感的な指示)
  • 子供にも、親子同士も(コミニケーションツール)
  • 先生、教師(わかりやすく説明)

なんらかの事情で文字が打てない人(識字力が低い子供)にもオススメ。意思疎通は文字入力なしで完結します。

この記事はメモアプリの手書き(ApplePencil)にフォーカス(注目)しています。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

メモアプリは超画期的だった。スケッチ、マークアップ機能をフル活用して使い方に幅をもたせましょう。

メモアプリがオススメな理由

メモ帳アプリで手書きが出来る事で、表現の自由度が広りました。

なぜ私がメモアプリをオススメするかというと、業種や仕事、人にあった使い方ができるという点です。

以前のメモアプリの使い方とこれから

文字をタイピングをし、画像貼り付けるだけの単純なもので、Macユーザーでも使わない人が多くいました。スティッキーズで十分!って人も。

しかし、ApplePencilの登場で今は違います!

そしてiPadOSが登場することで、これからはもっと違います。

という事を紹介していきたいと思います。

子供がいる方にもオススメの記事になっていると思います。

基本の使い方:メモ帳アプリであまり知られていない機能:罫線・方眼用紙

全記事iPhoneとiPad共通の記事です。

メモアプリで文字を書く時に、ツールパレットで文字の太さや色を調整して書き出します。

その時に、メモ帳は白紙のままだと、文字が斜めになったり、感覚がわからなくなったりします。

そんな時、罫線(けいせん)や方眼(方眼)が使えると、文字やイラストも書きやすくなります。

罫線や方眼を表示する方法

1・共有マークをタップ

2・iPhoneもiPadも「コピー」の行の右側に「罫線と方眼」が表示されています。

※罫線と方眼は何度も出したり消したりできます。

↑この機能だけでも喜ぶ方が結構多いです!

初級、中級編:メモの描画とスケッチの違いと、お互いの良さ

メモアプリの描画と、スケッチを追加の違いを紹介します。

スケッチ機能を使った事がない人は使ってみてください。

スケッチ機能の表示方法

・メモアプリの下側「+」マークをタップ→スケッチを追加

メモの描画とスケッチの良さを紹介しますが、良さに書いている点がお互いに出来ない事と認識してください。

メモの描画の良さ

・描画できる幅が下に広がる。

・文字色が豊富に設定できる。

・書いた文字やイラストを、選択ツールで囲って移動する事ができる。

・罫線、方眼を表示できる(上記記載)

・書いた文字やイラストを複製できる。
(コピペ・カット機能は使えない 2019年8月現在)

・ペン、ブラシの太さ濃さを変更できる。

・文章を書いている途中に描画を挿入できる!!

スケッチ機能の良さ

・消しゴムを使う時に細かく消せる。

・線引きツールで真っ直ぐな線が描ける(Wow)

・拡大機能がある。(縮小はありません)

メモの描画とスケッチの違いのまとめ

早く二つの機能が一つになってほしい!という事だけです。

写真とマークアップ機能の使い方とメリット

絶対に覚えてほしい、超クリエイティブ機能です!

こんな人にオススメ

  • 画像の加工を指示する人
  • 文章やデザインの校正を行う人
  • デザイナー
  • 注釈をつける時
  • 写真にメモを残しておきたい人
  • 子供のお絵かきにも最適!
  • 先生や教師など、画像で指示する時(こども園や学童の先生にもオススメ)

マークアップ機能は今さら感がありますが、個人的には本当に嬉しいです。(教える立場目線です)

マークアップ機能の使い方

写真アプリを開く→画像を選ぶ。

右上の編集をタップ→画面下部の「・・・」をタップ→マークアップをタップ。

基本的にはメモアプリの描画と同じ使い方ですが、結構すごいです。

写真のマークアップ機能のメリットを紹介

・オリジナル画像の上に描画しても、後でオリジナルに戻することができる。

・描画を選択して、コピペが可能。(これすごい)

・コピーした描画を、別の写真でもペーストできる!(地味に感動)

・インスタグラマーやYoutuberなど、画像に書き込みながら何かを紹介する場合。(写真アプリ+マークアップ機能+画面収録)

と、第一弾の、iPhoneとiPadの手書きメモアプリのオススメな使い方でした。

文章だけではわかりづらいこともあるので、動画もアップしますので、少々お待ちください。

沖縄オーレ公式Youtubeチャンネル。チャンネル登録数が増えると動画頑張れます(笑)

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント