Apple:Pagesの表の使い方・作り方を教えてください。

スポンサーリンク

※アンケート結果が集まってきています(思った以上に)もし時間あったらご協力よろしくお願いします!アンケート結果がブログの記事に反映されます。
本文はコチラから↓

質問です。現在MacとiPhoneを作っているんですが、表の作り方(使い方)がわかりません。そもそもPagesで表を作る時ってどんな時があるんでしょうか?会社では社員全員がMacですが、熟知したAppleユーザーがほとんどいなくて困っています。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

スポンサーリンク

Apple:Pagesの表の使い方・作り方を教えてください。

Pagesのテンプレートを見てみましょう

新規書類作成をすると、テンプレートからファイルを選択する画面になります。テンプレート一覧を見るとわかるように、表を使っているのは「その他」項目にある、請求書だけになります。見積書なども同様ですが、Pagesの場合、表を使う時には、以下のことが考えられます。

簡単なプレゼン資料

個人的な資料というよりも、誰かに渡すために利用することがお多いPages。表に関しても簡易的な表を使う時にはオススメです。

入力する数字が多ければ多いほどNumbersでの作業をオススメします。Pagesは基本的には論文などの文字を中心とした書類作成や、頑張れば名刺作成や封筒、年賀状なども作れます。

テンプレートを参考に、何ができそうかを確認してみてください。

 

例:職場でMacユーザーとiPhoneユーザーは何人いるか、また全体で何台あるのか

まずは、新規作成ファイルで「空白」ファイルを選択。

ツールバーに、黄色イラストに「表」とあるので、表をクリックして、自分の好みの表を選びまず。初心者はあまり色つきの表を選択しない方がいいかもしれません。

表がファイル上に出現します。

行と列にそれぞれ項目を入れます。

Numbers同様に演算機能(計算する機能)が入っているので、合計部分は数式を入力してあげてください。

青く選択されている部分が自動で計算をしているセルになります。

表が選択されている時に行番号と列英数がでます。その端に注目してください。青い平行二本戦のボタンがあります。そこをクリックすると、行・列の数を変更することができます。

Pages基本の使い方:表の3つのポイント

  • 表を出すことができる
  • 表の列・行の数を変更する
  • 演算ができる

この3つのポイントが基本的な表の使い方になります。

iPhoneだけで難しいこと(書類作成)をすることはほとんどありませんが、iPhoneの方が表作成は簡単にできます。画面が小さいので限界はありますが、Pagesで表作成を頑張ってチャレンジしてみてください。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント