Pagesの使い方:iPhone編スタート


※アンケート結果が集まってきています(思った以上に)もし時間あったらご協力よろしくお願いします!アンケート結果がブログの記事に反映されます。
本文はコチラから↓

Numbersと共に人気のソフト(アプリ)になっているPages。ソフトの使い方を教えるうえでAimからアドバイスがあります。それは、何ができて何ができないを知ることです。多くの質問を受け付けていますが、やはり出来る出来ないを把握しないせいで時間がかかる、もしくは時間が無駄になることがあります。

iPhoneでPagesを使おうとしている方は特にその制約があります。逆に、Pagesが何に適しているのかを知ることで時間を有効に使うことができます。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

Pagesの使い方:iPhone編スタート

Pagesの使い方判断基準

Numbers ( Excel )とPages ( Word )の違いをよく聞かれます。Aimが説明する際はこう伝えています。

「数字と文字(イラスト)、どちらが主人公ですか?」です。

Numbers(Excel)は表計算が中心になっており、日々更新していきます。が、Pagesは印刷物を作成し、1度で終了する作品が多いです。

では、iPhoneでPagesを利用する人はどういう状況の人が多いのか。最近では論文もスマホで書き起こす大学生もいるそうです。

が、考え方としては、誰かが作ったファイル(書類)を編集する場合にiPhoneのPagesを利用している人が多いです。

しかし、簡単な書類の場合は、NumbersとPagesはどちらが使い慣れているか?で、選択肢が変わってきているのもあります。

iPadとMacでPagesを使う場合

iPad Proが発売されてPagesのニーズはさらに大きくなっています。MacとiPadは作品作りでiPhoneは確認修正用と考えた方がいいでしょう。

スマホでPagesを使うなとは言いませんが、効率を考えると限界があります。

ただ、iPhoneでPagesを使う時のポイントを紹介しながらPagesの特性を知ってもらえたらなと思います。

iPhoneのSiriで文字起こし

iPhoneに限らずですが、今は音声入力でテキストを挿入することが可能です。とりあえず音声入力でテキストを起こして、あとでMacやiPadで編集するという方もいます。

自分と別の人がいる場合は共有方法を統一する必要がありますが、一人で編集作業をする場合はiPhoneの基本アプリのメモでも音声入力は可能です。

音声入力の精度も上がっているので、アイデア次第では非常に便利な機能です。

 

iPhone単体でPagesを利用する場合

ダメではありませんが、致し方ない場合があります。もちろんAimでもiPhoneのPagesを利用しますが、効率でいうと正直文字を打つだけならiPhoneもMacも変わりません。

と、いうと極端ですが、テンキーで入力が慣れている若い世代は文字入力が早いんです。驚きですが、「社会人として」という言い方も通じません。

iPhoneとiPadだけで効率的に仕事をするフリーランサーも多くいます。

いろいろな方がPagesを愛用していますが、とりあえず基本操作を覚えていきながら疑問を潰していきましょう。

沖縄オーレ公式Youtubeチャンネル。チャンネル登録数が増えると動画頑張れます(笑)

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント