Numbers使い方:iPhoneの家計簿をチェック

今ではiCloudを通してファイルを共有できます。それでiPhoneでNumbersを使う人も多くいます。MacユーザーはMacで使います。WindowsだけどスマホはiPhoneユーザーで家計簿はNumbersを使っている!という人も多くいます。

使っている人によりますが、iPhoneの操作画面も大きくなり、だんだんとiPhoneやiPadだけでやりくりする人も増えてきているのは事実です。

しかし、ちゃんと意味を理解して使わないと、ちょっと動きがおかしいなと思ったら慌ててしまいます。今回はiPhoneのNumbersのテンプレートで人気の家計簿をチェックしていきたいと思います。

今回のポイント

iPhoneやiPadはあくまでもサブ的な使い方がオススメです。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

Numbers使い方:iPhoneの家計簿をチェック

Numbersのアプリをダウンロードしているというのを前提でご紹介していきます。

Numbersの家計簿(iPhone版):毎月の予算

Numbers以外で家計簿アプリは多くありますが、今後ExcelやNumbersを操作する可能性がある人はiPhone版で慣れているといいかもしれません。

では、家計簿の毎月予算から見ていきましょう。

毎月の予算の下の注意書きをチェック

使いかた:各カテゴリの予算を下のカテゴリ別の概要の表に入力してください。支出記録のシートに支出を入力すると、実際の支出と予算の比較が表示されます。

とあります。

このテンプレートは家計簿の練習として考えてください。あれもやりたいこれもやりたいとなってくると、使い方があやふやに・・・。

家計簿の使い方1

毎月の予算では、カテゴリ別の概要というところに予算というオレンジのセルの数字w変更するだけです。

予算とあるので、そこにあなたの毎月の予算を入力してみましょう。

セルをタップすると、青い枠が出てきます

数字(予算)を入力

 

支出記録シートへ移動

画面上部に予算・支出記録とあります。

その支出記録には実際に使った数字を入れていきます。

まずは簡単な操作から。

現在記録されている項目を書き換えてみましょう。

日付・内訳は直接入力します。

費目は選択画面がでてきます。タップすると、自動車・娯楽・食費・・・などからひとつを選んでください。

最後に金額を入力(わかりやすいようにもともと入っている数字よりも1ケタ大きくしてみたりしてください)

予算シートに戻ります。

そうすると円グラフと棒グラフがさっきと違っていることがわかると思います。

どこが変わったかわからない場合は、サムネイルと比較してみてください。

 

iPhoneで家計簿は苦しい

これは今までの経験上ですが、なんでもできるものは逆にできない事がわからなくて使いづらいことがあります。

iPhoneの画面は小さくiPadでも少々苦しいかもしれません。

しかし、まずはNumbersの使い方になれることが大切です。会計簿をいろいろ触って機能を覚えていってください。

Numbersの使い方でわからない事がある場合は、Aimにお問合せください。

沖縄オーレ公式Youtubeチャンネル。チャンネル登録数が増えると動画頑張れます(笑)

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント