スポーツ選手の奥さんとして準備することは?


※アンケート結果が集まってきています(思った以上に)もし時間あったらご協力よろしくお願いします!アンケート結果がブログの記事に反映されます。
本文はコチラから↓

久々にアスリートの奥さん、妻向け、もしくはスポーツをしている子供向けの記事を書きます。今回のテーマはズバリ、スポーツ選手が身近にいる人向けです。少しでも何かのためになれば良いかと思います。

選手生活だけがスポーツ活動ではありません。

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザーはお気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

スポーツ選手の奥さんとして準備することは?

スポーツ選手 嫁 妻 引退 貧乏

メジャーなスポーツ選手でもアマでも、いずれ訪れる引退。そして引退後の長い生活。スポーツ選手が引退後に同じスポーツをするのは一部の限られた人たちだけです。

税金対策

税金対策として、個人事務所設立するのが一般的です。

給与や報酬を個人として受け取るのではなく、いったん事務所に入れて、そこから給与や、役員報酬という形で収入を得ます。

専門的な知識はとくに必要ないのですが、アスリート・スポーツ選手のママ友に聞けば教えてくれると思います。

多額の報酬をもらっている人は税金対策が必要でしょうが、そうじゃな選手に関しては、対策するまでもないですね。

資産運用

最近では投資というよりも、運用という方が聞こえがいいそうです。私は投資という言葉の方が好きですが(笑)

資産運用や投資に関しては、銀行や投資会社、もしくは投資案件を見つけてリスクとリターンのバランスを考慮して動き出すといいかもしれません。

スポーツ選手のネットワークを駆使すればそういったアドバイスをしてくれる人をすぐに紹介してくれそうですね!

飲食店が多い?

スポーツ選手がよくやる手段として、飲食店を開業するパターンはよく聞きますね。名前が売れている選手ならそこそこ人は集まるかもしれませんが、野球やサッカーなどメジャーではないスポーツ選手が始めるには少々リスクが大きいかもしれません。

コーチ活動

以前までは引退してからコーチ活動をする人がいますが、本田圭佑選手をはじめ、現在は現役時代からスクールを運営する選手が多くいます。

ネームバリューがあればこその活動ですが、コーチ業に関しては、教えるのが上手な選手は評判が良くなり、子供たちも集まりやすくなります。

しかし、パイ(市場・人口)の問題があります。大阪東京などは人が集まりやすいんですが、地方になると少子高齢の影響は受けます。

まとめ

一流の選手、ネームバリュー、才能、住んでいる地域、リスク、アスリートの妻として、スポーツ選手を応援する妻として、考えることは多くあると思います。

注目されて輝いてる時代は良いのですが、引退は確実に訪れます。

地方選手に関してはその後どうなっているのか取り上げられることも皆無。ただ私が言いたいのはネガティブなことではありません。

選手生活を続けたい人、今からプロとして活躍したい人をもっともっと効率良く、そしてインターネットを駆使して、選手の情報など(その他色々)を発信するのです。

発信を続けることで面白い事が起こります。

全員が全員何か起こる!わけではありません。

しかし、ブログほどリスクがなくリターンを得られるツールはありません。まずは初めてみること。

スタートしない事には何も始まりません。

よし、アメブロでアカウント開設してみるか!その心意気です。

愛する人のため、一番身近なファンでありサポーターのあなたができる事は多いはずです!

一例

最後になりましたが、まずはあなた(妻)は旦那さんのスーパープロデューサーです。

基本的なことは一通り知っておくことが大切です。

いろんなパターンがあるので、一例をご紹介しておきます。

・本を出す(栄養・練習・睡眠など、アスリートに関する事を勉強)

・あなた自身の得意なことを発信する(カメラや動画でもOK)

・◯◯の健康管理方法を発信

・SNSやYoutubeで特定の情報を配信。(特定というのがポイント)

・英会話など習い事を始める

・税金について勉強する

・日本だけではなく海外でプレーできるところがないか調べる

などです。

まずはMacやiPadの勉強から初めたい!
という方はぜひレッスン受けてみてください。

沖縄を中心に、東京でも不定期にレッスン行っています。

沖縄オーレ公式Youtubeチャンネル。チャンネル登録数が増えると動画頑張れます(笑)

初心者大歓迎!!MacやiPadの基本操作でわからない事はLINEで質問!!全国のAppleユーザー、お気軽にご相談ください!! LINE申請のリンクはこちら

コメント